SWAT豆知識


SWAT の正式名称は 「Special Weapons And Tactics」.

日本語は「特殊火器戦術部隊」

今日は[American Cop] という雑誌の「スワットは必要か」という記事から抜粋。

★ 「there 's an old police adage that gose:
   " When citizens are in trouble, they call the police.
       when the police are in trouble, they call SWAT."」


adage: 格言


 【市民がトラブルに巻き込まれたら、警察を呼ぶ。
  警察がトラブルに巻き込まれたら、SWATを呼ぶ】


スワットがトラブルに巻き込まれたらどうするのかって??


「いかなる困難に遭遇しても対処できるよう訓練されているのがスワットで、

そのテクニックはmore than the most 」




「more than the most」 は「最高よりももっと上」 というような意味になりますが、この英語、ちょっとかっこいいと思わないか??

こんな顔で言ったら女の子にもてるぜ!! ベイビー!!


c0130312_11284075.jpg



SWATの装備

Ruger Mini-14

c0130312_1130228.jpg
c0130312_11303452.jpg


[SWAT豆知識]
SWATには志願して入ります。

普段は各隊員はそれぞれが別の部署で仕事をしています。

事件が発生してSWATに出動の命令がきた場合、もしも、別の部署で任務を遂行中ならば、SWATの命令に従う必要はありません。

SWATのメンバーはたくさんいるので、誰かがいきます。

映画ではSWATのメンバーは全員そろって現場に向かいますが、SWATは常に事件が起こるまで待機しているわけではないので、あちこちからバラバラにやってくることもあります。

ところが、あちこちから来るので、現場に到着する時間がバラバラ。
これが今、SWATのかかえる問題点になってます。

いつ何時、呼び出しが来るか判らないので、常にSWATのユニフォームは持ち歩いています。大抵、みんな、パトカーに積み込んでます。

日本のみなさんはSWATはかっこいいというイメージがあるかもしれませんが、こちらでは「政府の飼い犬」とよんでる人もいます。

SWAT のメンバーはみんな目に見えない鎖で繋がれ、お偉方からコントロールされてます。
[PR]
by leelin | 2008-06-20 23:24 | 英語であそぼ