私の耳 大きい??

c0130312_915532.jpg


How ya doin?

ハイ!

久しぶり!!

わたし、スミエ!!

またまた出ました。

英検には全く役にたたない英語コーナー!!

今日も妙な英語、あなたにだけ教えちゃう!!


Wadda ya mean my ears are too big!!!!
(What do you mean my ears are too big?)

(わたしの耳、大きい?? 何で、何で??)







前にcontraction(短縮)のお勉強したの、覚えてる?

(初めての方はカテゴリー[英語であそぼ(9/20)」の中にあります)

この英文のcontractionは、

[ what do you] →[Wadda ya]

この英文をワタシの大好きなミネソタ弁で言うと:

Watcha mean my ears are to big???



アメリカの南の方へ行くと、もっとsloppyな英語になっちゃうのよ。

(sloppy :いいかげんな)

contraction のオンパレードみたいな英語、見て見て!!

Watchya'al mean ma ears is too big???





あのね、ママの日本人のお友達、

アメリカ南部のノースカロライナに住んでるの。

長い間、日本で英語の先生してたの。

去年、niceなUSA guy 見つけて、めでたく結婚。

すぐにノースカロライナに引っ越したんだけど。

彼女、いつも嘆いてた。

「今まで勉強してきた英語は何だったの!!??

方言がひどくて、英語がさっぱりわかんない!!」



スミエのへんてこりんな方言コーナーも

英検には役に立たないけど、

いつか何処かで、ひょっとしたら役に立つかも。

[PR]
by leelin | 2008-09-27 09:14 | ミネソタ弁&ギャング英語

ベティちゃん

Whoopie doo!!
これは日本語に訳すのが難しい。

どんなときに使うかというと、例えば、
試験に合格した誰かが有頂天になって貴方に報告したとします。
あなたとしては内心、面白くない。でも、思ったことを口にしたら喧嘩になる。でも素直に喜べない。
こんなときに「whoopoe doo!!]

今、大好きな彼女とデート中。話がものすごく盛り上がってる。でも、彼女の家は門限が厳しくて、今すぐ帰らなければならない。
「じゃぁ、私そろそろ帰るわ」と彼女が言う。貴方は内心、面白くない。「何で、もう帰るんだよ、俺といたくないのか」と思っても、そんなこと口に出来ない。
そんなとき「whoopie doo!]

ものすごく生意気な子供がいます。子供が貴方に生意気なことを言ってきたとします。何か一言言ってやりたい。でも、そばに親がいる。上手い言葉が出てこない。
そんなとき「whoopie doo!!]

何か言いたい、でも、上手い文句が出てこない、
こんな時 whoopie doo!!
但し、whoopie doo には若干、皮肉っぽい響きがこもってます。
連発すると、友達なくします。


さて、whoopie dooと 何となく似てるなと言う英語の言葉に「scoobii doo(scoobie Do)」というのがあります。

「スクービー・ドゥ」という映画、ごらんになりましたか?

「scoobii doo」というのは1920代から1930年代にアメリカで流行ったマンガの中に出てきた犬の名前。

それともう一つ、この言葉はアメリカがジャズ全盛だった頃にルイ・アームストロングが流行らせた言葉です。

[ scoobii doo] 自体に意味はありません。

「シャバダバダァ、」、あえて意味をつけるとしたらこんな風になります。

その後、Betty Boopが もっともっとこの言葉を大流行させました。

Betty Boop 知ってますか??

この子がBetty Boop です。多分日本の皆さんにもおなじみだと思います。


c0130312_19303911.jpg


ベティちゃんのキャッチフレーズは

「boop boop de doop!!]
これも意味はないですが、1920年代のflapper girl の為の褒め言葉。

flapper girl(フラッパー ガール)というのは英語で説明すると、

bobbed(cut short hair), listen to jazz,

bit different from normal behavior.

(ショートのボブカットでジャズが好きで、ちょっと風変わり)

こういうタイプの女の子のことです。



ベティちゃんタイプのcuteな彼女に是非、言ってみてください。

彼女から「whoopie Doo!] なんて返事が返ってきたら。。。


054.gif

まぁ、最初はショックでしょうが、何回も言われてると免疫が出来るんで。

016.gif
[PR]
by leelin | 2008-09-27 07:08 | 英語であそぼ

ギャング学入門



  • Wiseguy
  • Nicholas Pileggi / Simon & Schuster (a)




「Made man] [ wiseguy][ good fella] はすべて「マフィアのメンバーで殺し屋」のことです。

「マフィア」というのは犯罪組織の呼び名で、構成員1人1人は「mafioso(マフィオーソ)」といいます。

「マフィア」はイタリア語です。別名は「コーザ・ノストラ(我らのもの)」。

もともと、マフィア発祥の地はイタリアのシチリアですので、由緒正しき「mademan 」 になるには、100%イタリア人の血が流れているか、父方がイタリア人でイタリア系の名前がないとなれません。

ですから、将来、僕はmademan になるんだという夢をお持ちの日本のヤングマンたち。

ごめんなさい。こういう理由ですので、マフィア株式会社からの会社説明会はありません。

マフィア入会には、親指に針を刺して、聖母マリアの上に血を垂らすという痛い儀式があります。

又、ファミリーの事は決して口外してはならないという「沈黙の掟(オメルタ)」を遵守しなければなりません。



  • Omerta (Policiaca)
  • Mario Puzo / Ediciones B




この沈黙の掟を破ったのが、昔、チャールズ・ブロンソンが映画の中で演じた「ヴァラキ」です。ヴァラキはアメリカのFBI にマフィアの全貌を全て暴露しました。

19世紀の末頃、イタリアから大量の移民がアメリカに渡ってきました。アメリカンマフィアの歴史はこのあたりから始まります。

ヴァラキもイタリアからの移民で、マフィアのメンバーでした。

後の話は映画に譲ります。
[PR]
by leelin | 2008-09-26 00:35 | ミネソタ弁&ギャング英語

CONTRACTIONS

コントラクションというのは単語を縮めること。

I'm(I am). It's(It is). You're(you are) .He's(He is).

We're(we are).won't(will not)

(willn't は間違い。注意されたし)



ふたつの単語をくっつけて、省いた文字の代わりに (‘) アポストロフィを入れるだけ。

作り方は超簡単。銀行のATM やビデオの録画予約のほうが遙かにムズカシイね。

作り方は簡単でも、取り扱いには要注意。

ここから大事な話。

コントラクションを使った文章は「砕けた感じ・インフォーマル」な印象を与えるから、大学の論文や公式文書、報告書の類などには不向き。

これがコントラクションの基本的なルール。



さてさて、英語を、言葉の使い方を基準にわけると、

「フォーマルイングリッシュ」
これは堅苦しい感じがするけど、何処で誰に使っても恥をかかない、お行儀のいい英語。

新聞記事や学者の論文、公式文書、ビジネスレター、 まじめなスピーチなどで使われる英語で、動詞も副詞も、句読点の付け方もお手本通り。使ってる言葉も非常に洗練されていて、いかにも教養人という印象を与える文章である。



「インフォーマルイングリッシュ」

これは日常、頻繁に使ってる英語。新聞、小説、雑誌、色んなところで見たり聞いたりする英語表現。もちろん、コントラクションも使われてるね。使ってる単語はほとんどが標準語だけど、中にはスラングが混ざってることもある。



ノン・スタンダードイングリッシュ/非標準語」
「friendly speak] とか [friend speak] ともいう。

テレビやラジオ、映画、漫画などでよく見かける英語。方言もこの中に入る。

いちばんいい例が、スラング。

使ってる言葉や句読点など、「標準」からはずれていることが多く、コンストラクションのオンパレードのような英語。スペルも勝手に作ってしまう。(絵文字など)

英語の試験や学校で学ぶ英語の教科書の中では、先ずお目にかからない英語。

以下に紹介する英文も、言葉を縮めてるんで、一応コントラクションの仲間。でも、unofficial(非公式) のコントラクションなんで辞書を探しても見つからないのがあるかも。

It's gonna happen = It is going to happen.
Gimme some coffee = Give me some coffee.
Ya'll come back now heah!

   = You all come back now, do you hear me?

                     (この下線部の英語も、それほどgood とはいえない)

Oh you betcha= Oh, you bet you
(この下線部の英文も標準語ではない)

※you betcha はミネソタ弁で「そうです、その通り、そうしましょう、」、このような意味。





英語にも方言があって、あなたが学校で習った英語が全く役に立たない地方もあります。

しかし、各地方の方言まで、辞書に載せたらとても一冊ではおさまりきれません。

今やってる英語の勉強に、さらに、方言までとなると、大変な挑戦だけど、でも方言というのは結構面白いんで、英語の勉強に疲れを感じてる人には、ちょっとした息抜きにいいかもしれません。



CONTRACTIONS


To be able to properly make and use contractions is a very useful skill indeed, just like being able to use an ATM machine or program a VCR. We are lucky because it is far easier to learn how to use contractions than to use an ATM machine for some bank transactions and definitely easier than programming a VCR, unless you are a child (who do they do that?).



To use contractions is to use a more informal style and tone to your writing and recreates the spoken word in your stories and essays. A word of warning for you is that traditionally, contractions are not used in formal writing such as reports and letters.



The basic rule for putting together contractions is really simple: in order to combine two words, just insert an apostrophe (‘) in the space where the letter or letters have been omitted (taken out). Here are some examples for you.



I + am = I'm



you + are = you're



he + is = he's



we + are = we're



But be careful mistakes can be made. For example:



Will + not = won't (not willn't).



Always have a good English dictionary close by when you are writing or studying English. If you want to be good at English, that is to read it and to speak it will, it is a true essential.



Remember that there is not one, not two, but three main types of English. There is Formal English, the kind used in business letters, resumes, cover letters, serious speeches, newspaper articles, and in works or scholarship. Formal English includes standard verbs, adverbs with -ly endings, standard vocabulary (or often a more sophisticated or specialized vocabulary) and standard punctuation.



In Informal English, the kind of English you will find in most books, magazines, newspapers, business letters, textbooks, and political speeches, you will find standard verbs, adverbs with -ly endings, standard vocabulary, standard punctuation, contractions, and sometimes a bit of slang.



The third kind of English is Non-standard English or what I call "friendly speak" or just "friend speak". It is the kind of English you use or find in conversations, movies, television, radio, comic strips, and regional or local expressions. In "friendly speak" you will find nonstandard verbs, adverbs without -ly endings, slang words, nonstandard punctuation, and "creative" spelling. (Sometimes very creative spelling indeed!).



Here are some examples of "unofficial" contractions, meaning that one is not likely to find them in a dictionary, mostly because they are either considered slang, or parts of regional or local speech patterns, much the same way that if I were to study Standard Nihongo, I would probably not find too many words that are only found in Osaka-ben, or Kyoto-ben, or Nagoya-ben or even Geisha-ben in a regular dictionary (I checked). The examples are:



It's gonna happen = It is going to happen.



Gimme some coffee = Give me some coffee.



Ya'll come back now heah! = You all (still not the best English) come back now, do you hear me?



Oh you betcha= Oh, you bet you (which still comes out as slang and not proper English).





Regional or local patterns, -ben or dialects, are so many, and often so different when you consider all the places that English is spoken, that it would be a task of massive proportions to include them in a standard dictionary, and the dictionary would indeed be huge. Just understand that it is both a major challenge in studying English and something that makes learning languages interesting.






[PR]
by leelin | 2008-09-20 20:19 | 英語であそぼ

大統領選(yahoo news)

Palin: Iraq war 'a task that is from God'

http://news.yahoo.com/s/ap/20080903/ap_on_el_pr/cvn_palin_iraq_war

deploy:配備する
1:;to spread out (troops, etc.) so as to form a wider front
2: to station or place (forces, equipment, etc.) in accordance with a plan
3:to spread out or place like military troops

preach:伝道する
to speak in public on religious matters; give a sermon
to give moral or religious advice, esp. in a tiresome manner。

pastor:牧師

diverse:different; dissimilar, varied
[PR]
by leelin | 2008-09-05 08:54

サクラメントのニュース

FOLSOM, Calif. -- Four people have been arrested in connection with a robbery at the Folsom Premium Outlets, police said Thursday.

Authorities received a call shortly after 5 p.m. Wednesday regarding a robbery in progress at the outlets, which are located at Folsom Boulevard and Iron Point Road.

Police said the following men were taken into custody on susicion of robbery, kidnapping, false imprisonment, attempted carjacking, terrorist threats and conspiracy: Blake Carrington-Bennett, 19, of Citrus Heights; Stanley Ramsey, 21, of Rancho Cordova; and Gerray Martin, 20, of Sacramento. Ramsey was also held on a parole violation.(KCRA.com)

parole:仮出所の
[PR]
by leelin | 2008-09-05 08:51