ギャング英語振興会


by leelin

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ギャング&ポリス用語

c0130312_981763.jpg


フラッパーガールのポスター




フラーッパーーガールといえば、1930年代禁酒法時代のアメリカ映画によく出てきます。
ということで、またまた。英検には出てこないギャング専門用語、勉強しましょう。
マフィア関連のホームページや本を読むときに、よく出てくる単語です。

[Police 用語]

Tender age youth:13歳以下の子供

Youth: 17歳以下の未成年

Minor : 21 歳以下の青少年(未成年としてみなされている)

code 33:警察無線の緊急連絡のコードで「至急応援頼む」というような意味。

          私の職場ではCode3です。

Beat :各警官に割り当てられたパトロールエリアのこと

Beat car:beat をパトロールしているパトカー

watch :警官の交代勤務時間のこと。通常は警官のシフトは3交代。

D.O.A : Dead On Arrival の略。「病院に着く前に死亡」

           この単語、戦争映画で時々出てきます。



[ギャング用語]

eat alone: がめつい、貪欲、よくばり、

rat : 密告者

shylockbusiness:

ベニスの商人に出てくるユダヤ人の金貸し、シャイロックの仕事、つまり高利貸しのこと。今風にいうなら、闇金融



Juice : おいしいジュースのことではない。高利貸しに払う利息のこと。



G : 目が飛び出すほどの大金

Goomah : 女性のマフィア





善良な読者の皆様に、こんな言葉教えて、どうするんだ? と,

ふと思うのですが。。。

まぁ、宴会の余興ぐらいには役に立つかも。

知識はどれだけあっても邪魔にはならないということで、

この続きはまた今度。

Hasta la vista baby!!

ターミネーターの決めセリフ

(until I see you)

[PR]
by leelin | 2008-11-05 21:38 | ミネソタ弁&ギャング英語